あらすじ

最終章

脚本:安井国穂 演出:加門幾生

龍也(斎藤工)を助ける形で佐伯(林剛史)の放った銃弾に撃たれた亮(和田聰宏)は、神室町の路上で龍也と彩(岡本玲)の目の前にぐったりと倒れた。そこに現れた刑事たちによって龍也は殺人の容疑で逮捕されてしまう。
警察署で厳しい尋問を受けていた龍也だったが、天馬(石田卓也)が身元引受人となり、警察から釈放される。一緒に日本を離れようと誘う天馬に対し、俺だけ逃げられねえよと言って龍也はその場を去る。
そこへ彩から電話でレストランに呼び出された龍也は、彩から鶴見(大杉漣)と阿修羅の密約が録音データの入ったUSBを渡される。戸惑う龍也、そこへ鶴見が現れて…

十章

脚本:熊本浩武 演出:加門幾生

神室町ではどんな小さな違法行為も見逃さない程取締りが厳しくなり、ドラゴンヒートも時間の問題だと危惧した星野(魔裟斗)は、飯島に信司(八神蓮)と保(冨浦智嗣)を大人しくさせるよう依頼する。
そんな中、星野が警察に取り押さえられて逮捕されてしまう。星野の想いを感じ、動けない龍也。そこへ信司と保が駆け付け星野を取り返そうと暴れようとするも、飯島が二人を制止する。
亮(和田聰宏)の言葉を思い出し、全て自分のせいなんじゃないかと龍也が呆然とドラゴンヒートのリングに佇んでいると、そこに亮が現れて…。

九章

脚本:熊本浩武 演出:最知由暁斗

殺人ゲームに巻き込まれた誠(佐藤祐基)と、亮(和田聰宏)を必ず止めると約束した龍也(斎藤工)は、鬼気迫る表情で秋田(阿部亮平)との最終戦に向かう。
翌日、東京のレストランで食事をしている彩(岡本玲)と鶴見(大杉漣)。かつて自分に移植された腎臓は、鶴見が権力によって奪い取ったものだと亮から聞いた彩は、鶴見に本当なのかと問う。誰かの犠牲の上に生きるくらいなら、と言う彩に鶴見は自分の判断は間違っていないと言い切った。
同じ頃、大阪ではついにドラゴンヒートと阿修羅の権利をかけた、龍也と秋田の最終対決が始まろうとしていた…。

八章

脚本:熊本浩武 演出:加門幾生

大阪の静香(吉倉あおい)の墓前で手を合わせていた誠(佐藤祐基)の前に現れる亮(和田聰宏)。亮はドラゴンヒートと阿修羅の共存を望んでいたのに、龍也(斎藤工)が神室町に戻って来たことによって全てが変わってしまったと告げ、共に二つの団体の共存を目指そうと誠を誘う。誠は神室町に戻って龍也と星野(魔裟斗)にドラゴンヒートと阿修羅の共存を提案するも反対されてしまう。

 と、そこへ手下を連れ秋田(阿部亮平)が神室町で暴れていると一報が入る。龍也たちが駆け付け止めに入るも臨戦態勢の秋田。しかし、白黒はリングの上で決めようとその場を星野がおさめる。その日の夕方、秋田との最終決戦に向けロードワークをする龍也を尾行する怪しい人影が現れて…。

七章

脚本:安井国穂 演出:加門幾生
ゲスト出演:佐野岳

激闘の末、メテオ鈴木(白善哲)を倒す龍也(斎藤工)。龍也に勝てない阿修羅四天王の様子を見て口ほどにもないと言う二岡(波岡一喜)。
そんな二岡を話があるとキャバクラに連れて行く秋田(阿部亮平)。宏(佐戸井けん太)の店の権利書と借用書が消えたことと、二岡が宏と古い馴染みだということを問い詰めるが、証拠も無いくせになめた口をきくなと凄む二岡。
そんな二岡は阿修羅の追手の存在を感じながらも恋人の経営する花屋に隠してあった宏の店の権利書と借用書を受け取り宏の店へ向かう。宏の店で食事をしていた龍也たちの元へやってくる二岡。二岡は借用書を燃やし、権利書を宏に渡し去って 行った。そんな二岡にさらに阿修羅の追手が迫って…。

六章

脚本:安井国穂 演出:加門幾生
ゲスト出演:佐野岳

阿修羅との次の代表戦の相手がメテオ鈴木というルチャリブレの元チャンピオンのマスクレスラーに決まり、今まで出番の無かった八代誠(佐藤祐基)が出場することに。そんな中、神室町では改造拳銃による発砲事件が多発していた。
発砲事件の現場で保(冨浦智嗣)は中学の後輩のタケルを見かける。ずっとタケルに尾けられていたと言う龍也(斎藤工)に保は、両親を亡くし親戚の家をたらい回しにされ施設で育ったことが原因でタケルは苛められていたと説明する。
同じ境遇の誠はタケルを放っておけず、再びロードワーク中の龍也を尾けるタケルに声をかけ尾行について問い詰める。自分も同じ境遇だと説得する誠に対して、タケルは改造拳銃を取り出して…。

五章

脚本:熊本浩武 演出:最知由暁斗

保(冨浦智嗣)と信司(八神蓮)の見舞いに来た龍也(斎藤工)。そんな龍也の元へ亮(和田聰宏)が現れ「次は誰が犠牲になるのか」と不吉な言葉を残して去って行く。そんな龍也の携帯に着信があり、龍也は「お前という存在がこの街に与える影響を知れ」と告げられ信司の父・宏(佐戸井けん太)の店に行くよう指示される。
龍也が宏の店に着くと秋田(阿部亮平)が店内を荒らしていた。借金をした宏からこの店を譲り受け、自分たちの店を出すという秋田。激昂して秋田に襲い掛かる宏だが、逆に付き飛ばされて怪我を負ってしまう。 そんな様子を一台の車の中から見つめる亮(和田聰宏)と二岡(波岡一喜)。宏をみつめる二岡は重苦しい表情で…。

四章

脚本:熊本浩武 演出:最知由暁斗
ゲスト出演:遠藤舞(アイドリング!!!)

キャバクラ嬢のマイ(遠藤舞)に恋心を抱く斉藤保(冨浦智嗣)は、マイの借金を自分のファイトマネーで返してあげようと躍起になるが、ファイトマネーでは足りないと思いアルバイトを探していた。そんな保に登録制のアルバイトを紹介する大場庄助(坪谷隆寛)。しかし、そのアルバイトの実体は無茶な退会金で借金を背負わせ、その借金を返済させるために働かせるという悪徳詐欺会社であった。
借金を背負いパンツ一丁で監禁された保を助けた龍也(斎藤工)だったが、車に轢かれそうになった保をかばって沖田戦で痛めた腕をさらに痛めてしまう。龍也に代わりリングに立つことになった保の前に現れた相手は意外な人物で…。

三章

脚本:安井国穂 演出:加門幾生

神室町を良い街にするため浄化作戦を行う鶴見都知事(大杉漣)に対し、二岡孝造(波岡一喜)がバックについた店には手を出さない鶴見のやり方に違和感を覚える龍也(斎藤工)。
とその時、龍也に声をかけたのは、親友でありデザイナーとして成功しつつある榊天馬(石田卓也)。プロのライセンスを捨てドラゴンヒートに復帰したという龍也に、大人になれと諭す天馬。このままでは手に入れた全てを失うと言う天馬に龍也は、そんなものは要らないと突き放す。
そんな天馬が自分の事務所に帰ると中が酷く荒らされ、そこには立ち退き交渉に来たと、阿修羅の代表である秋田靖人(阿部亮平)が座っていた。暴れたのは天馬が龍也をモチーフにした絵を飾っていたからだと言って去って行く秋田。
一報を聞きつけ天馬の元へやってきた龍也は、昔一緒に馬鹿やった自分のダチが描いた絵を取り戻すと言って阿修羅のアジトへ向かうのだが…。

二章

脚本:安井国穂 演出:加門幾生

大阪の地下格闘技団体“阿修羅”の四天王の一人である沖田忍(六本木康弘)にドラゴンヒートのファイターである信司(八神蓮)を倒された龍也(斎藤工)は、プロボクシングのライセンスを捨て、ドラゴンヒートと阿修羅の利権を賭けた代表ファイター戦に参戦することに。
代表戦のために大阪の阿修羅の地下格闘場へやってきた龍也たち。地下廊下で一人歩いていた龍也は謎の目の見えない青年、野崎亮(和田聰宏)に「君が闘えば周りの人間が傷付いてゆく。大切な人が傷付き死んでゆく」と不吉な予言を告げられる。
そんな奇妙な予言を胸に秘め、龍也は沖田との戦いに挑むのだが…。

一章

脚本:安井国穂 演出:加門幾生

かつてドラゴンヒートで10連勝という伝説を残した 右京龍也(斎藤工)は、ラスベガスでボクサーデビュー後 3連勝し、日本プロデビューのため故郷である神室町に帰国。 しかし、龍也を待っていたのは“阿修羅”という組織の人間 が闊歩する、すっかり変わってしまった神室町だった。
街中で阿修羅と若者の争いを見かけた龍也は思わず割って 入るが、プロボクシングのライセンスのために手が出せない。 阿修羅の一人がナイフで攻撃して来たその瞬間、何者かの 回し蹴りがナイフを吹き飛ばし相手を倒す。

蹴りを放ったのは現ドラゴンヒートのファイターである 坂本信司(八神蓮)であった。プロライセンスのために 握った拳を突き出せなかった龍也は自分に憤りを感じて…。

close